外資系コンサルOLとその旦那の生活

派手さとは無縁な子育て、節約に励むブログ

限られたスペースでどうやって着物を保管する?きもの屋さんのおすすめ

着物好き一家に産まれたキナリ家(妻)です。

f:id:kininaru-diary:20190514143633j:image

  

キナリ家(妻)側の家族はお着物が大好き。

お宮参り、七五三、成人式、卒業式はレンタルではなく自分のお着物です。

最近ベビーのお宮参りを行い、着物を出し入れしてていました。そこで、以前老舗着物屋さんから聞いた目からうろこの簡単&省スペースな着物の保管方法をご紹介。

 

 

着物保管の問題

大学卒業して社会人になる時に、実家から一人暮らしの家に振袖やお着物をいくつか持って来ました。

一人暮らしの狭いアパートで困るのが着物の保管。もちろん着物用のタンスを買うお金もスペースもありませんので、タンスの上にたとう紙(紙の袋)に入れて保管してしました。

 

ダニとか湿気とか大丈夫かなとは思いつつ、この保管方法のまま年月は過ぎて…

 

結婚したら振袖を着なくなるので、振袖を購入した着物屋さんにクリーニングを依頼しに持って行きました。

そこで着物屋さんに勧められた保管方法が簡単!

 

 

着物屋さん一押しの着物の保管方法

簡単に着物を保管できる着物キーパー袋! 

これに入れてタンスの上、クローゼットの上、ベッドの下など、どこにでも置けるそうです。

カビと害虫を防ぎ、酸素や水分をシャットアウトしてくれるので、昔ながらのたとう紙よりもおすすめだそう。

だだ、さすが大手老舗着物屋さんなのでお値段ふっかけてきます。着物屋さんで買うと数千円しました。

 

楽天で同じようなものを見つけたのでキナリ家はオンライン発注。

2019/5/13現在、送料込みでの楽天での最安(キナリ家調べ)が約1800円のこれ。1800円で大事なお着物が守れるならお安い買い物です。


着物保管袋 きものキーパー お着物や帯に使える保存袋 防菌 防湿 防虫 防臭機能発揮

 

キナリ家ではこの着物キーパー袋に入れてタンスの上に置いてます。

狭いマンションやアパートなどスペースが限られる家での保管に最適です。